意外と多くの人が悩んでるまつ毛のケア方法

まつ毛は、髪の毛などの他の毛に比べてくれやすく弱いので、引っ張ったりするとすぐに抜けてしまいます。そのため、まつげの長さが長くなる前に切れたり抜けたりしてしまうことがおおいのです。まつ毛が短かったり少ないことで悩んでいる人は、そのようなことが原因の可能性もあります。

最近はまつ毛にも育毛剤などもあります。種類もありますが、だいたいはメイクをしない夜や寝る前に、アイラインをひくようにまつげの根元に1日1回から2回ほどを育毛剤を塗るだけです。

また、まつげ育毛剤を使うのと同時に、まつげのトリートメントなども併用して使うと、ハリやコシのあるまつ毛ができて、長くて健康なまつ毛ができます。まつげの保護をすれば、抜けにくくなりますし傷んで切れることも少なくなります。

また、まつ毛にもよい食べ物というものがあります。まつ毛も毛なので、基本的には髪の毛などを育成する栄養と同じものが必要になります。髪に優しいアミノ酸が、まつげの育成にも力を貸してくれます。髪の毛は伸びますが、まつ毛は人によって長さが決まっています。伸び続けても困りますからね。

そのまつ毛の最長になるまでに抜けたり切れたりしないためには、食生活によって内側からケアすることも大切です。目は口ほどに物を言うたいうように、人の第一印象はほとんどが顔で、顔の中でも目は相手に与える印象をより強くします。

また、まつげの長さや形、色などで人の顔はだいぶ変わるのです。今はまつ毛の長さや量に悩みを持つ人のためにメイクでマスカラや付けまつげ、まつ毛エクステも流行っています。それらのおしゃれをするためにも、地のまつ毛は大切になります。

しっかりとしたコシやハリのある地のまつ毛があって初めてマスカラもぬれますしまつ毛エクステもつけることができます。ナチュラルメイクであれば、コシやハリのあるまつ毛ならば何もつけなくても良いくらいしっかりとした印象を与えることもできるのです。

まつ毛ケアのために、いまはまつ毛美容液などもあります。その美容液にもよりますが、毎日朝昼晩3回であったり、夜寝る前に1回であったり、決まった回数をまつ毛にもつけることでまつ毛の成長に必要な栄養を補給してくれます。

また、外側からのガードをしっかりすることで、栄養を外へ逃さないようにしてくれます。いまはまつ毛のケア商品はドラックストアだけでなくオンラインショップやコスメサイトなどでも購入できます。自分が無理せず続けられるような自分に合うまつ毛美容液などを探すこともポイントです。

Page top icon